忍者ブログ
眼鏡Laboratorium

眼鏡Laboratorium

二次創作小説と萌え語り
[7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友人に脅されながらサイト開設(ブログですが)致しました。
深草 数璃(みくさ すーり)と申します。
よろしくお願いします。

※18歳未満はホントに見ちゃダメですよ!!

さてさて、本日は我が愛する五十嵐太一くんのお誕生日ですv
おめでとー☆☆☆
たいしたものではないのですが、SS(ちょっぴり長め)を書いたので、
よろしかったら続きから読んでみてくださいませ。

※克哉と太一は同棲中という設定でお楽しみ下さい。

 

 

それではっ(脱兎)


そういえば、と克哉はふと思った。

そういえばもうすぐ太一の誕生日なのだ。

カレンダーに目をやると、1123日を赤い丸が囲んでいる。

あと、数日。

くるっと太一の方を向き、克哉は尋ねた。

 

「あの、太一。誕生日に何か欲しいもの有る?」

たいしたものは用意できないけど、と苦笑いしながら付け加える。

 

太一は首を少し傾げたかと思ったら、すぐににぱっと笑顔になり克哉の質問に答えた。

「そうだな~、やっぱり誕生日つったらケーキじゃん?ケーキ!」

 

「あ、ケーキ。うん、そうだね。えっと、他には何か欲しいのは?」

当然といえば当然の答えに克哉は拍子抜けした。そして思わずその他に望むものも聞いていた。

 

「う~ん、今は特に無いかなぁ。あ、でもケーキは克哉さんの手作りだからね。俺、克哉さんの作ったケーキしか食べないから」

ニッと歯を見せたその無邪気な笑顔に、克哉は「分かったよ」と笑いながら答えた。

 

 

数日後。

克哉は台所で手際よく板チョコを溶かしていた。

どうやらチョコレートケーキを作ることにしたらしい。

 

「かーつやさん!ねっ、出来た?ケーキ!」

「まだだよ。今チョコを溶かしてるから、だいぶ時間かかっちゃうかな」

克哉はちょっと肩をすくめながら答えた。

「俺、手伝うよ?俺のために作ってくれてるケーキ、俺も作るの手伝いたいし」

太一はきれいな笑顔を克哉に向けた。

 

「ありがとう。えっと、じゃぁ、この板チョコを削ってくれる?装飾に使うから」

太一は頷き、クッキーの型で板チョコを削り始めた。

初めての作業に少し戸惑っているようだったが、克哉はその様子を見て、微笑ましく思った。

 

「なんかこういう太一って初めて見たな」

「こういう、ってどんな?」

不思議そうに見てくる太一に克哉は笑顔を浮かべて答えた。

「慣れない作業を頑張ってる太一、かな。夜の太一とは違うな~、って思ったんだ。今の太一はとてもそういうこと考えてるようには見えないから」

太一は急に真顔になり、おもいっきり克哉に顔を近づけ、耳元で囁いてきた。

「考えてるよ、今。そーゆーコト。

たとえばこの溶けたチョコを克哉さんのイイトコロに塗って、それを俺が舐めるの。

でもね、克哉さんがイきたくてもイかせてあげないんだ」

「っ、太一!!」

慌てて太一の言動を止めさせようと克哉は大声を上げた。

「克哉さん、想像した?もしかして感じてる?」

太一はシンプルなエプロンの上からそっと克哉のペニスを撫でた。

「…んっ」

クスッと笑いながら太一は克哉の腕をぐいっと引っ張り、動けないように抱きしめた。

「太一っ。ちょっとまっ……ふ、んぅ」

太一と視線が絡み、克哉はキスされていることに気づいた。

「目、つむって」

太一は克哉にふわっと笑いかけた。

克哉はそれに頷き、そっと目をつむった。

克哉の唇に太一の唇がそっと触れ、すぐに舌が侵入してきた。

先ほどのおとなしいキスとは違う、欲を持ったキスだ。

「っん、ふ……ぅ」

舌を絡めとられ、息ができなくなる。

歯列をなぞられ、腰が跳ね、下半身が疼く。

「っぁ、た、たい…ち」

克哉の辛そうな声に、太一は名残惜しそうに唇を離した。

太一は壊れ物を扱うように克哉の顔を包み、真っ直ぐ克哉の瞳を見つめながら聞いた。

「ねぇ、この後、どうしてほしい?」

「ゃっ、は、恥ずかしい…」

克哉は太一から目線を外し、斜め下を向いた。

「だーめ、ちゃんと言って」

と言いながら、太一の手は克哉のベルトを外し、ズボンを下ろし、下着越しに克哉のペニスに触れた。

「どうしてほしいの?」

そんなのは分かりきったことだが、太一は克哉に言わせようとした。

まだ太一の指は克哉のペニスをそっと撫でているだけだった。

克哉はきゅっと目をつむって小さな声で太一に伝えた。

「俺の…直接、さ…さわって」

「どこを?自分で触って、俺に教えて?」

克哉は涙を浮かべながらも素直に右手を自分のペニスに添える。

「っこ…こ」

「克哉さん、いい子だね」

そう言うと太一は克哉の感じるところを的確に刺激し始めた。

裏筋を強く引っかき、先端を触れるか触れないか程度に撫でながら。

くちゅっという水音をたてて、根本から先端にかけて擦りあげながら。

「んぁっ、ぅ」

前を直接弄られ、克哉からは嬌声が漏れた。

そしてペニスからは先走りの蜜が溢れて太一の指に絡まる。

その光景を一瞬見てしまった克哉のペニスはさらに勃ちあがり、蜜を滴らせた。

「った、…ぃち。も 無理ぃっ」

克哉が恍惚とした表情を浮かべ射精する瞬間、ペニスの根本を太一に強く握られた。

「ひぅっ、ぁぅ」

「だめだよ、俺まだ挿れてないもん」

我慢して、と耳元で囁いて、そばに有った湯銭で溶かしたチョコレートに指を絡め、克哉の後孔に差し込んだ。

「ぁっ、ん」

克哉に遠慮しつつも、指を二本、三本と増やしていった。

「もう平気かな?」

太一は独りごちて、指を一気に引き抜いた。

「っぁぁ!!」

いきなり襲ってきた後孔の喪失感に克哉が辛そうな声をあげた。

「克哉さん、淫乱だなぁ。克哉さんのここ、物欲しそうにひくひく震えてる」

クスクスと笑いながら太一は自分のペニスに溶けたチョコレートを塗り、克哉の後孔にあてて一気に挿入した。

「…ぅ、っぐ」

質量の大きな太一のペニスが克哉の中を満たし、克哉の一番奥へと進む。

「かつ、や…さん、だいじょ…ぶ」

こくこくと克哉は頷き、腰を揺らした。

一番奥までくると太一は少しそのままで律動を止めた。

「動いて…へーき?」

克哉に聞くと、またも克哉は頷くだけだった。

「ちゃんと言葉にしてほしいなー。どうしてほしい?」

克哉は先ほどとは違い、恥じらいを捨て太一に懇願した。

「おねがっ、動いてっ 俺のな…か を、太一で……いっ ぱいにしてっ」

太一はとびきりの笑顔になって、腰を動かし始めた。

克哉もそれに合わせて、ゆっくり腰を動かす。

太一のペニスが自分の最も感じるところにあたるように。

すると太一は克哉のペニスも弄りだした。

「だっ…め、そこ はっ」

克哉の制止も聞かずに、さっきよりも強く握り、弱く触れ。

指で輪を作って擦り、克哉のペニスを腹につくほど勃たせる。

「た…ぃち、も イくっ」

「お れもっ」

太一は克哉のペニスを根本から先端へ強く擦りあげ、それとともに克哉は射精した。

その反動で克哉の後孔は太一のペニスを強く締め付け、太一は克哉の中に欲を吐き出した。

 

肩で息をする克哉を太一はぎゅっと抱きしめた。

「克哉さん、大好き。大好きだよ」

 

「俺も大好き。

それから、誕生日おめでとう、太一」

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
かずり
性別:
女性
趣味:
妄想
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 眼鏡Laboratorium All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]